2016年11月5日(土) ・6日(日) 京王プラザホテルにて 第46回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会を開催致します。

第46回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会

プログラム

        


特別講演
11月5日(土)
制御性T細胞による免疫応答制御
座長:山崎 小百合(名古屋市立大学大学院医学研究科免疫学)
演者:坂口 志文(大阪大学免疫学フロンティア研究センター)
招待講演
11月5日(土)
  1. 生活習慣病と炎症・免疫-脂肪細胞を中心に
    座長:島田 眞路(山梨大学)
    演者:門脇 孝(東京大学大学院医学系研究科代謝栄養病態学)
  2. 自然炎症の破綻と癌転移
    座長:川島 眞(東京女子医科大学)
    演者:丸 義朗(東京女子医科大学薬理学講座)
11月6日(日)
  1. Chronic Urticaria Management
    Diagnosis and instruments to determine/monitor disease activity.

    座長:秀 道広(広島大学)
    演者:Torsten Zuberbier
    (Department of Dermatology and Allergy,Charité-Universitatsmedizin)
  2. Biologic therapy (Dupilunab) for atopic dermatitis.
    座長:片山 一朗(大阪大学)
    演者:Diamant Thaçi(Universitätsklinikum Schleswig-Holstein)
シンポジウム1 「血管炎の診断と治療の未来像-新ガイドラインを踏まえて-」
11月5日(土)

座長:川上 民裕(聖マリアンナ医科大学)/石黒 直子(東京女子医科大学)

新ガイドラインからみる血管炎の全体像・診療アルゴリズム
演者:川上 民裕(聖マリアンナ医科大学)
皮膚科領域でみる血管炎の皮膚症状からのアプローチ
演者:池田 高治、古川 福実(和歌山県立医科大学)
皮膚科領域でみる血管炎の病理組織像からのアプローチ
演者:石津 明洋(北海道大学大学院保健科学研究院病態解析学分野)
皮膚科領域でみる血管炎の内科サイドからのアプローチ(診断と治療)
演者:有村 義宏(杏林大学医学部第一内科学教室 腎臓・リウマチ膠原病内科)
新ガイドラインからみる血管炎診療の未来像(総括)
演者:石黒 直子(東京女子医科大学)
シンポジウム2 「分子標的薬・免疫療法薬による皮膚障害対策」
11月5日(土)

座長:山本 信之(和歌山県立医科大学呼吸器内科・腫瘍内科)/川島 眞(東京女子医科大学)

皮膚科・腫瘍内科有志コンセンサス会議について
演者:川島 眞(東京女子医科大学)
分子標的薬・免疫療法薬による皮膚障害対策
-コンセンサス会議からの治療指針と今後の展望-
演者:山﨑 直也(国立がん研究センター中央病院)
新規メラノーマ化学療法における重篤な皮膚障害について
演者:清原 祥夫(静岡県立静岡がんセンター)
医療者が行うがん患者の外見支援の意義
演者:野澤 桂子(国立がん研究センター中央病院アピアランス支援センター)
シンポジウム3「皮膚アレルギーの発症予防」
11月6日(日)

座長:相原 道子(横浜市立大学)/片岡 葉子(大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター皮膚科)

交差反応によるアナフィキラシーを防ぐ
演者:千貫 祐子(島根大学)
アトピー性皮膚炎の発症を防ぐ
演者:重松 由紀子(慶應義塾大学)
アレルギーマーチを防ぐ
演者:猪又 直子(横浜市立大学)
感作経路を理解し接触皮膚炎を防ぐ
演者:高山 かおる(埼玉県済生会川口総合病院)
シンポジウム4「アレルギー・免疫の新しい視点からみた皮膚疾患」
11月6日(日)

座長:佐伯 秀久(日本医科大学)/常深 祐一郎(東京女子医科大学)

Th17とカンジタ感染症
演者:鑑 慎司(関東中央病院)
IL36RN遺伝子と膿疱性乾癬
演者:杉浦 一充(藤田保健衛生大学)
アトピー性皮膚炎の表皮における構造の質的変化
演者:大森 深雪(東京女子医科大学微生物学免疫学)
アトピー性皮膚炎と汗
演者:平郡 隆明(広島大学)
酒さをめぐる自然免疫の役者たち
演者:山﨑 研志(東北大学)
特別企画 「-接触皮膚炎とパッチテストのすべて-」
接触皮膚炎の基礎と臨床、パッチテストの意義と方法などの講義を交えながら実技を習得する、『特別企画-接触皮膚炎とパッチテストのすべて-』を開催いたします。
ハンズオンセミナーは事前予約制になります。お申込み詳細についましてはこちらをご覧ください。
  1. 教育講演
    11月6日(日)
    座長:横関 博雄(東京医科歯科大学)/浅田 秀夫(奈良県立医科大学)
     接触皮膚炎の免疫学
     演者:相場 節也(東北大学)
     接触皮膚炎の疫学
     演者:矢上 晶子(藤田保健衛生大学)

    座長:西岡 和恵(ジョイ皮ふ科クリニック)/相原 道子(横浜市立大学)
     化粧品による接触皮膚炎
     演者:関東 裕美(東邦大学医療センター大森病院)
     医薬品・医療材料による接触皮膚炎
     演者:鈴木 加余子(刈谷豊田総合病院)
     金属アレルギー:意外に難しいパッチテスト判定と、結果の活かし方
     演者:足立 厚子(兵庫県立加古川医療センター)

  2. ハンズオンセミナー(事前登録制)
     パッチテストの準備の仕方、貼り方、結果の読み方、患者への説明の仕方などについて、ミニ
     レクチャーを交えながら実技を学ぶ。
     技術指導講師:
      松永佳世子(藤田保健衛生大学)   /伊藤 明子(新潟大学)
      鈴木加余子(刈谷豊田総合病院)   /足立 厚子 (兵庫県立加古川医療センター)
      関東 裕美(東邦大学医療センター大森病院)/鷲崎久美子(大森町皮ふ科)
      高山かおる(埼玉県済生会川口総合病院)/松倉 節子(横須賀市立うわまち病院)
      上津 直子(上津クリニック)    /中田 土起丈(昭和大学藤が丘病院)
      矢上 晶子(藤田保健衛生大学)
その他
JEDCA最優秀論文賞受賞講演、一般口演、ポスター発表、ランチョンセミナー、モーニングセミナー、
スイーツセミナー、アペリティフセミナー、企業展示などを予定しています。

▲TOP